お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

支えに感謝するのが謙遜 We can be modest when we appreciate supports

f:id:tadaosamu:20190919230826j:plain
f:id:tadaosamu:20190919230811j:plain
9月19日(木)、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が築地本願寺銀座サロンで開かれました。19名に方にお越し頂きました。ご来場に御礼申し上げます。

今回は三遊亭圓雀師匠に落語「半分垢」を演じて頂きました。落語「半分垢」は、このような話です。ある相撲取りの奥さんは、慎み深いように見せかけようとして、お客さんがその相撲取りの体格をほめたら、「立派そうに見えても、半分は垢でございます」と答えました。

私たちは、自分が努力したから成果が上がったと思うものです。でも、待って下さい。私たちが努力することができたのは、なぜでしょうか?周囲の人たちや環境が、私たちを支えてくれたからです。でも私たちは、自分の行動に意味があると思いたいのです。だから、自分の努力は印象に残っても、他の支えを見落としやすいのです。「努力したからうまくいった」と強調するなら、聞いた人は「自慢している」と感じるでしょう。「成功したのは、周りが支えてくれたお陰です」と思うなら、慎みのある態度です。

On September 19, "OTERAKUGO NO SUSUME" was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. This was an event to like Buddhism though rakugo, Japanese trditional comic storytelling. 19 guests came there. Thank you for coming.

First, Mr. SANYUTEI Enjaku performed a rakugo "Hambun Aka"(half is dirt). That story was following;
A Sumo wrestler's wife pretended to be modest. A guest commended her husband's physique, then she said "Although my husband's physique looks excellent, the half is dirt"

We tend to think that our effort lead to success when we make good results. But, wait a moment. Why we can make an effort ? Because we are supported by surrounding people and environment. We want to believe that our own actions are significant. So, we remember our own effort although we easily overlook other's supports. When we emphasized that our own actions have led the success, the listeners would feel that we boasted of ourselves. If we think that we owe our success to surrounding supports, we can be modest.

?