お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

秘密はない方がよい It is better that you do not hide secrets

f:id:tadaosamu:20180524082320j:plain
5月22日(火)、「おてらくごのススメ」が築地本願寺銀座サロンで開かれました。16名の方にお越し頂きました。ありがとうございます。

まずはじめに、古今亭志ん吉さんに落語「紙入れ」を演じて頂きました。「紙入れ」は不倫の話です。話の中で、不倫の関係が危うくばれそうになります。

その後、私が「秘密」についてお話ししました。お釈迦さまはある時、ある男性が自分の罪を告白して後悔していることを、ほめ讃えました。お釈迦さまは亡くなる少し前、「私は隠し事なく教えを説いてきました」と語りました。お釈迦さまは、秘密に否定的だったのです。
私たちは、自分の過ちを隠したくなります。でも、過ちを隠すことは、過ちを省みないことです。自分の過ちを白状することで、私たちの心は軽やかになるのです。自分の過ちを告白する相手は、人間でなくても構いません。
自分自身を省みることは、過ちを繰り返さないようにしようとすることです。それは自分だけでなく、周りの人々にもよいことなのです。

On May 22, "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like Buddhism through rakugo was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. 16 guests came there. Thank you for coming.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi performed a rakugo "Kami ire" (a wallet for bills). This is a story of an adulterous relationship. The an adulterous relationship was nearly uncoverd in the story.

Next, I talked about secrets.
On one occasion, the Buddha praised a man because he had confessed and repented his sin. The Buddha told that he had preached you sermons without covering them when he was dying. The Buddha was negative about secrets.
You want to hide your sin, but hiding your sin means paying no attention to your sin. Your mind are released as you confess your sin to someone. It is no problem even if those who you confess your sin to are not human beings.
Reflecting on yourselves means that you try to prevent to repeat sin. It is good for people around you as well as you.