お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

人生の岐路で本領を発揮するもの

withnews.jp


大阪大学文学部長で、大学院文学研究科長も務める金水敏氏は「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか」と語ります。

人生の岐路で本領を発揮するのは、宗教も同じです。宗教を学んだり、何かを信仰することの利益を説明すること難しいものです。しかし、「利益を見出せない」は「利益がない」ではありません。

Dr. KINSUI Satoshi, a professor of Osaka university speached "Studies in department of literature shows its true ability when you stand at the crossroads of your life, I believe".

Religions also shows its true ability when we stand at the crossroads of our lives. It is difficult that you explain benefits of studying religions and faith in something. But, "You can not find any benefits in it" does not mean "It has no benefits".