お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

落語の中の浄土真宗「お坊さんって何だろう」

f:id:tadaosamu:20170603102655j:plain

6月2日、「落語の中の浄土真宗」第6回が浜離宮朝日ホールで開かれました。多くの方にお越し頂きました。ありがとうございます。ご協力頂いた皆さまに感謝申し上げます。私はスタッフの一員として、司会を務めました。

まず、桂雀々師匠に落語「鶴満寺」「八五郎坊主」を演じて頂きました。その後、釈徹宗先生と丘山新先生が「お坊さんって何だろう」をテーマに対談しました。僧侶の生き様についての話が印象的でした。

At June 2, the 6th "Rakugo no naka no Jodo Shinshu (Jodo Shinshu in Rakugo)"was held at the Hamarikyu Asahi Hall. Thank you for coming to the event. I appreciate your cooperation. I was a program host as a member of the staffs at the event.

First, Mr. KATSURA Jakujaku performed two rakugos "Kakumanji" and "Hachigoro Bozu".

Next, Dr. SHAKU Tesshu and Dr. OKAYAMA Hajime talked about a theme "What are Buddhist priests?". I was impressed a topic on Buddhist priests' way of lives.