お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

TERA Energy とは? What is "TERA Energy"?

www.buzzfeed.com
浄土真宗の僧侶が電力小売り会社「TERA Energy株式会社」を設立します。経営の苦しいお寺は少なくありません。お寺の収入源を確保するのが目的です。

これについて、YAHOO! JAPAN ニュースのコメントを見ると、お寺やお坊さんに批判的なコメントがかなり多いのです。布教や慈善事業、寺の維持管理にもお金が必要だということに理解がないのが寂しいです。社長の竹本了悟氏が何をしているかを知れば、彼らの考えも変わるでしょう。

Buddhist priests of Jodo Shinshu (one sect of Buddhism ) are founding TERA Energy corporation, a new electric power retailer. Quite a few Buddhist temples are facing financial difficulty. The company aims to pioneer income source for such temples.

When I read comments on the article in YAHOO! JAPAN News, I found many unfavorable comments on Buddhist temples and priests. I am sad that they do not understand that funds are necessary for missionary work, charities, operation and maintenance. If they knew what Mr. TAKEMOTO Ryogo, the president of the company had done, they would change their own opinions.

 

仏教書レビュー更新 New book reviews on Buddhism are released

仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所
仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで430冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。
今回の新規の掲載は以下の通りです。

・碧海寿広著『仏像と日本人 宗教と美の近現代』(中央公論新社<中公新書>)
・馬場紀寿著『初期仏教 ブッダの思想をたどる』(岩波書店<岩波新書>)

We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 430 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.

 

おてらくごのススメ in 東久留米 "OTERAKUGO NO SUSUME" in Higashikurume

11月4日(日)、東久留米会館(東京都東久留米市)で、「おてらくごのススメ」が開かれます。落語を通して仏教を知る講座です。そのお知らせが、築地本願寺発行の月刊誌『築地本願寺新報』10月号に掲載されました。
f:id:tadaosamu:20181002091313j:plainf:id:tadaosamu:20181002091319j:plainf:id:tadaosamu:20181002091324j:plain

「おてらくごのススメ」では、まず立川談慶師匠が落語「金明竹」と「井戸の茶碗」を演じて下さいます。その後、私が落語と仏教の関係についてお話しします。
皆さまのお越しをお待ちしております。

On November 4, "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held at the Higashikurume Kaikan, Higashikurume city, Tokyo. "OTERAKUGO NO SUSUME" is an event to like Buddhism through rakugo.
The event is informed in the October issue of "Tsukiji Hongwanji Shinpo", a monthly magazine published by the Tsukiji Hongwanji.
At the event, first, Mr. TATEKAWA Dankei will perform rakugo "Kimmeichiku" and "Ido No Chawan". Next, I will talk about relationship between rakugo and Buddhism.
We are looking forward to seeing you.

 

三遊亭圓雀師匠の襲名披露パーティーの記事 an article on a reception to celebrate Mr. SANYUTEI Enjaku's succession to the name

東京かわら版 2018(平成30)年10月号 <定価500円> | 最新号のご案内 | 東京かわら版.NET

東京かわら版』10月号が届きました。三遊亭圓雀師匠の襲名披露パーティーの記事があります。
圓雀師匠は、「おてらくごのススメ」にご出演頂いております。

I have received the October issue of "Tokyo Kawaraban", a monthly magazine on Japanese traditional entertainments. The magazine has an article on a reception to celebrate Mr. SANYUTEI Enjaku's succession to the name.
Mr. SANYUTEI Enjaku performs at "OTERAKUGO NO SUSUME"

 

私たちはかっこつけたい We want to decorate ourselves

f:id:tadaosamu:20180918085333j:plain
11月29日(木)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。19時開演です。
まず古今亭志ん吉さんに落語「転失気(てんしき)」を演じて頂きます(転失気とは何か?知りたいという方は、ぜひ落語を聞いて下さい)。そして私が「かっこつけたがる心」についてお話しします。
皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

On November 29, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. It will start at 7:00 p.m.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi will perform a rakugo "Tenshiki" (What is Tenshiki ? If you want to know it, please listen to the rakugo).

Next, I will talk about mind to want to decorate ourselves.

We look forward to seeing you.

You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

 

備えは大事です Preparation is important

f:id:tadaosamu:20180913115808j:plainf:id:tadaosamu:20180913115759j:plain
9月12日、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれました。約20名の方にお越し頂きました。ありがとうございました。

まず、三遊亭圓雀師匠に落語「茶の湯」を演じて頂きました。息子に店を譲ったご隠居さんが、茶の湯を始めました。しかし、茶の湯のことをまるで知らないので、無茶苦茶な茶の湯になりました。

次に、私がいざという時の備えについて話しました。この落語のご隠居さんは、隠居生活への備えが不充分でした。だから、何をすればいいのかわからなくなってしまったのです。いざという時の備えは重要です。しかし、備えがなくても日常生活に困らないので、備えを怠りがちです。備えがないままにしていると、いざという時に途方に暮れることになります。私たちの人生で一番のいざという時は、命が終わるときです。永遠に生きられる人は誰もいません。宗教は、私たちが死後どうなるかを教えてくれます。人生が順調である間は、宗教が役に立つとは感じにくいものです。しかし、宗教は決して役に立たないのではありません。宗教はいざという時に対する心構えを用意させてくれるのです。

On September 12, "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like the Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling) was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. About 20 guests came there. Thank you for coming

First, Mr. SANYUTEI Enjaku perfoemed a rakugo "CHA NO YU" (Japanese traditional tea ceremony). This story is following : An old man handed over his business to his son, he retired.Then, he began CHA NO YU (Japanese traditional tea ceremony) even though he did not know it at all. So, his CHA NO YU was incorrect.

Next, I talked about the preparations for emergency and crises. The old man in the rakugo had not prepared for his life after retirement. So, he was to be at a loss what to do. It is important to prepare for emergency and crises. But, we often forget to prepare for them because we are not in trouble without preparation for them on our daily lives. If you leave preparation for them lacking, you are to be at a loss what to do at emergency and crises. The maximum crisis in our lives is the end of our own lives. Nobody can live forever. Religion tell us what we will be after death. We can hardly feel religion is useful when we are well-off. But, religion is never useless. Religion make us prepare our mental attitudes against emergency and crises.

 

仏教書レビュー更新 New book reviews on Buddhism are released

仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所
仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで428冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。
今回の新規の掲載は以下の通りです。

・前田壽雄著『「ただ念仏」の教え 法然聖人から親鸞聖人へ』(探究社)
・星野哲著『「定年後」はお寺が居場所』(集英社<集英社新書>)

We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 428 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.