お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

「仏教に生きる」とは、「仏をまねようとすること」と言えます We can say that to live in accordance with the Buddhism is to aim to copy Buddha.

f:id:tadaosamu:20190116052510j:plainf:id:tadaosamu:20190116052527j:plain1月15日(火)、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれました。お越し頂きありがとうございます。三笑亭可龍師匠にも御礼申し上げます。

始めに、三笑亭可龍師匠に落語「干物箱」を演じて頂きました。このストーリーは、このようなっています。ある家の若旦那が、父親から外出を禁止されました。そこで、ぜんさんに身代わりを頼みました。ぜんさんは若旦那の声まねが得意なので、若旦那はぜんさんを家に置いて、自分は遊びに出かけることを計画したのです。

落語の後、私が仏教と物まねの関係について話しました。仏教は、善に励んで悪をしないよう教えます。これは簡単に思えるかも知れませんが、難しいことです。なぜなら、私たちは良くない心を抱えているからです。もし完全に善であれば、悟りを開いたことになります。悟りを開いた者は「仏(ブッダ)」と呼ばれます。仏教の目標は、悟りを開くことです。だから、仏教にもとづいて生きることは、仏さまのまねを目指すことだと言うことができます。もちろん、仏さまと同じようなことをするのは、至難の業です。しかし、仏教にもとづいて生きるならば、良いことをしようとするはずなのです。100点満点の10点しかとれなくても、何の努力もしない0点より良いのです。

On January 15, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. Thank you for coming. I appreciate Mr. SANSHOTEI Karyu.

First, Mr. SANSHOTEI Karyu performed a rakugo "Himono Bako". This story is following : A young master was prohibited from going out by his father. So, he asked Zen, one of his fellows, commute for him. Zen was good at copying the young master's voice. The young master planned to leave Zen in his house, make Zen pretend him, go out enjoying himself.

Next, I talked about relationship between copying and the Buddhism. The Buddhism encourages us to do good, not to do evil. Perhaps, it looks easy. But, it is difficult for us to do them. Because we have evil passions. If you were good perfectly, you would be awakened. We call awakened being (s) "Buddha". A goal of the Buddhism is that we are awakened. Thus, we can say that to live in accordance with the Buddhism is to aim to copy Buddha. Of course, we can hardly do same things as Buddha. But, we are to try to do good if we live in accordance with Buddhism. For example, 10 out of 100 is better than 0 without any efforts.

?

仏教書レビュー更新 New book reviews on Buddhism are released

仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで436冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。
今回の新規の掲載は以下の通りです。

・三島清円著『門徒ことば 語り継がれる真宗民語』(法蔵館)
・鵜飼秀徳著『ペットと葬式 日本人の供養心をさぐる』(朝日新聞出版<朝日新書>)
j-soken.jp

We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 436 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.

?

落語「干物箱」で仏教を考えよう Thinking about Buddhism through a rakugo "Himonobako"

f:id:tadaosamu:20181211081501j:plain
1月15日(火)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。19時開演です。
まず三笑亭可龍師匠に落語「干物箱」を演じて頂きます。そして私が、仏教と物まねの関係についてお話しします。
皆様のお越しをお待ちしております。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。
tsukijihongwanji-lounge.jp

On January 15, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. It will start at 7:00 p.m.

First, Mr. SANSHOTEI Karyu will perform a rakugo "Himono Bako" ("Himono" means dried fishes, "Bako" (Hako) means boxes). Next, I will talk about a relationship between the Buddhism and copying. We are looking forward to seeing you.

You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

「噺-HANASHI-」に「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました "OTERAKUGO NO SUSUME" on a website "HANASHI"

f:id:tadaosamu:20181211081501j:plain
hanashi.jp

落語系情報サイト「噺-HANASHI-」に1月15日(火)開催の「おてらくごのススメ」の情報が掲載されています。築地本願寺銀座サロンで19時開演です。
まず三笑亭可龍師匠に落語「干物箱」を演じて頂きます。そして私が、仏教と物まねの関係についてお話しします。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

"OTERAKUGO NO SUSUME" appears in "HANASHI", a website on rakugo. "OTERAKUGO NO SUSUME" is an event to like Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling). It will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon on January 15. It will start at 7:00 p.m.

First, Mr. SANSHOTEI Karyu will perform a rakugo "Himono Bako" ("Himono" means dried fishes, "Bako" (Hako) means boxes). Next, I will talk about a relationship between the Buddhism and copying. We are looking forward to seeing you.

You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

新年のご挨拶申し上げます。 Greetings for the new year.

新年のご挨拶申し上げます。
Greetings for the new year.

本願寺第8代宗主・蓮如上人(1415~1499)の歌です。

あら玉の年のはじめは祝(いはふ)とも南無阿弥陀仏のこころわするな。

The following is one of Rennyo Shonin's (1415-1499) songs in praise of the Buddha.

Remember the spirit of Namo Amida Butsu (calling Amitayus Buddha's name) while you celebrate a new year.

?

大晦日のご挨拶 A greeting of the last day of this year

今日で今年は終わりです。皆さまのおかげで今年を過ごすことができました。皆さまに感謝申し上げます。
Today is the last day of this year. I have been able to spend this year supported by everyone. I appreciate everyone.

?

『東京かわら版』1月号に「おてらくごのススメ」告知がのりました。 "OTERAKUGO NO SUSUME" in the January issue of "TOKYO KAWARABAN"

f:id:tadaosamu:20181224185142j:plainf:id:tadaosamu:20181211081501j:plain
寄席情報の月刊誌『東京かわら版』1月号が届きました。136ページに来年1月15日(火)開催の「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました。19時開演です。

まず三笑亭可龍師匠に落語「干物箱」を演じて頂きます。そして私が、仏教と物まねの関係についてお話しします。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

On January 15 2019, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling)will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. These informations have been in the January issue of "TOKYO KAWARABAN", a monthly magazine on rakugo, etc.

First, Mr. SANSHOTEI Karyu will perform a rakugo "Himono Bako" ("Himono" means dried fishes, "Bako" (Hako) means boxes). Next, I will talk about a relationship between the Buddhism and copying. We are looking forward to seeing you.

You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?