お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

落語でお念仏について考えよう

f:id:tadaosamu:20170617135750j:plain

9月13日(水)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。今回は三遊亭春馬師匠に落語「花筏(はないかだ)」を演じて頂きます。そして私が「お念仏を称えるのはどんな時?」と題して、お念仏についてお話しします。
皆様のお越しをお待ちしております。こちらでお申し込みになれます。

At September 13, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.
First, Mr. SANYUTEI Haruba will perform a rakugo "Hanaikada" ("Hanaikada" is a Sumo wrestler's name). Next, I will talk about Nembutsu (calling Amitayus Buddha's name).
We look forward to seeing you. Reservation can be made via the Internet !

実証できないものを信じる

dot.asahi.com


死後の世界は実証できません。でも、人は実証できないものを求めるのです。「霊魂を信じる」と答える人が増えているのは、自然なことです。死後の世界を語ることは、宗教の役目ではないでしょうか。

We can not demonstrate the world after death. But, we require ones which are not able to demonstrate. It is reasonable that who answer "I believe in the souls" are increasing. I believe that telling people the world after death is one of missions of religions.

築地本願寺新報8月号

f:id:tadaosamu:20170801115648j:plain

築地本願寺発行の月刊誌『築地本願寺新報』8月号の特集は、築地本願寺銀座サロンです。落語を通して仏教に親しんでもらう企画「おてらくごのススメ」も紹介されています。次回の「おてらくごのススメ」は9月13日開催です。

The August issue of "Tsukiji Hongwanji Shinpo", a monthly magazine published by Tsukiji Hongwanji, features on Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. It introduces "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like Buddhism through rakugo. The next "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held at September 13.

「いただきます」「ごちそうさま」は何のため?

f:id:tadaosamu:20170729100307j:plain

武蔵野大学の学生食堂で、見かけました。これは、食事のあいさつの意義を示しています。
食べることは自分を維持することであり、生き物の命を奪うことでもあります。私たちはみな迷惑をかけているということです。だから、私たちは命に感謝するべきなのです。

I saw this board at a cafeteria of Musashino university. This board tells us a meaning of salute at meals.
Eating is keeping yourself. Eating is taking lives of creatures. It means that we all have sin. So, we should appreciate others' lives.

「仏教書レビュー」ホームページ更新

仏教書レビューHPが更新されました。これで405冊の書評・紹介を掲載することとなります。
皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。

川添泰信監修『イラストで知る浄土真宗』(洋泉社)
・森田真円『白き蓮華のひらく刻』(本願寺出版社)

We have released new books review in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 405 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.

人生の岐路で本領を発揮するもの

withnews.jp


大阪大学文学部長で、大学院文学研究科長も務める金水敏氏は「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか」と語ります。

人生の岐路で本領を発揮するのは、宗教も同じです。宗教を学んだり、何かを信仰することの利益を説明すること難しいものです。しかし、「利益を見出せない」は「利益がない」ではありません。

Dr. KINSUI Satoshi, a professor of Osaka university speached "Studies in department of literature shows its true ability when you stand at the crossroads of your life, I believe".

Religions also shows its true ability when we stand at the crossroads of our lives. It is difficult that you explain benefits of studying religions and faith in something. But, "You can not find any benefits in it" does not mean "It has no benefits".

「宗教離れ」は日本だけではありません

江田智昭氏のレポートによりますと、「宗教離れ」は日本だけではなく、ドイツも同じようです。

Mr. EDA Tomoaki reports that people tend to avoid religions not only in Japan but also in Germany.

higan.net