お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

仏教書レビュー更新 New book review on Buddhism has been released

j-soken.jp
仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで448冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。
今回の新規の掲載は以下の通りです。

・江田智昭著『お寺の掲示板』(新潮社)

We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 448 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.

?

「噺-HANASHI-」に「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました "OTERAKUGO NO SUSUME" on a website "HANASHI"

hanashi.jp
f:id:tadaosamu:20190926151143j:plain
落語系情報サイト「噺-HANASHI-」に11月20日(木)開催の「おてらくごのススメ」の情報が掲載されています。築地本願寺銀座サロンで19時開演です。

今回は古今亭志ん吉さんに落語「夢の酒」を演じて頂きます。落語の後、私が「人の心の中にあるもの」についてお話し致します。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

"OTERAKUGO NO SUSUME" appears in "HANASHI", a website on rakugo.
"OTERAKUGO NO SUSUME" is an event to like Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling). It will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon on November 20. It will begin at 7:00 p.m.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi will perform a rakugo "Yume no Sake" (Sake (Japanese rice wine) in a dream). Next, I will talk about the inside of our mind.

We are looking forward to seeing you. You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

『ブッダの小ばなし』が『文化時報』に紹介されました "Buddha no Kobanashi"(Short humor stories by Buddha) has been reviewed on "The Bunka Jiho"

http://www.hozokan.co.jp/cgi-bin/hzblog/sfs6_diary/2914_1.jpg
www.hozokan.co.jp
『文化時報』に『ブッダの小ばなし』が紹介されました。ありがたいことです。

"The Bunka Jiho" that is a newspaper on religion in Japan has reviewed "Buddha no Kobanashi"(Short humor stories by Buddha). I appreciate it so much.

ブッダの小ばなし

ブッダの小ばなし

?

『東京かわら版』11月号に「おてらくごのススメ」告知がのりました。 "OTERAKUGO NO SUSUME" in the November issue of "TOKYO KAWARABAN"

f:id:tadaosamu:20191027071255j:plainf:id:tadaosamu:20190926151143j:plain
寄席情報の月刊誌『東京かわら版』11月号が届きました。112ージに、11月20日(水)に築地本願寺銀座サロンで開催の「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました。19時開演です。

今回は古今亭志ん吉さんに落語「夢の酒」を演じて頂きます。落語の後、私が「人の心の中にあるもの」についてお話し致します。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

On November 20, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling)will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. It will begin at 7:00 p.m. This information has been in the November issue of "TOKYO KAWARABAN", a monthly magazine on rakugo and more.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi will perform a rakugo "Yume no Sake" (Sake (Japanese rice wine) in a dream). Next, I will talk about the inside of our mind.

We are looking forward to seeing you. You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

批判されたくない We are afraid of blame

mainichi.jp
president.jp
この記事は、ある教師が授業でトロッコ問題を取り上げ、生徒の保護者から批判されたと伝えています。私としては、この問題を自分ならどうするか、批判する前に考えて欲しかったです。
人生には、「どれを選んでも批判される」選択を迫られる時があります。レバーの近くでトロッコを見つけた時点で、「無関係な人」ではなくなっています。
「どれを選んでも批判される」選択について考えることは大切なはずです。私なら、レバーを切り替えます。しかし、切り替えない人を批判しません。私たちは、批判されずにいたいのです。

This article reports that teachers were criticized by the parents of the students because the teachers picked up "The trolley problem" in the classes. I wish they had thought on the problem before criticizing.
We can encounter situations that we are to be blamed whichever we choose. We have to be responsible for the matter when we see the trolley next to the lever.
I think it is important to consider problems that we are to be blamed whichever we choose.
If I were so, I would pull the lever. However, I won't criticize those who do not pull the lever. We are afraid of blame.

?

落語「夢の酒」と心の内側 Rakugo "Yume no Sake" and the inside of our mind

f:id:tadaosamu:20190926151143j:plain
11月20日、落語を通して仏教に親しむイベント「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれます。19時開演です。

今回は古今亭志ん吉さんに落語「夢の酒」を演じて頂きます。落語の後、私が「人の心の中にあるもの」についてお話し致します。

皆様のお越しをお待ちしております。お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

On November 20, "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. This is an event to like Buddhism though rakugo, Japanese traditional comic storytelling. It will begin at 7:00 p.m.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi will perform a rakugo "Yume no Sake" (Sake (Japanese rice wine) in a dream). Next, I will talk about the inside of our mind.

We are looking forward to seeing you. You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

広告を非表示にする

備えは必要です。Necessity to prepare

learningenglish.voanews.com
この記事に、こんな一節があります。「専門家の話では、日本人は、災害の危険にもっと気がつく必要があり、政府が世話してくれるのをあてにするのではなく、もっと自分で準備するべきであるという。」

たしかに、治水は政府の仕事ですが、避難するのは私たち一人一人です。政府の対策を検証するだけでなく、私たちが備えをすることも必要です。

This article reports the typhoon Hagibis disaster of Japan.

This article says following; Japanese need to be more aware of disaster risks and to do more to prepare on their own instead of counting on the government to take care of them, experts said.

Certainly, flood control is one of businesses of the government. However, those who take refuge are each of us. We need both inspecting the government's measures and our own preparing for disasters.

?