お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

仏教書レビュー更新

仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所

仏教に関する本の書評をするサイト、仏教書レビューが更新されました。(私の勤務先、浄土真宗本願寺派総合研究所が運営しています)。これで424冊の書評・紹介を掲載することとなります。皆様のご協力に感謝申し上げます。
今回の新規の掲載は以下の通りです。

・『ブッダに学ぶさとりの言葉』(仏教伝道協会)

We have released new book reviews in the web site of "Bukkyousho Review" (The Book Review on Buddhism).
There are 424 book reviews in the web site.
We appreciate your cooperation.

 

お葬式を仏教式にする理由 The reason why we hold funerals in the Buddhist style

f:id:tadaosamu:20180707065219j:plainf:id:tadaosamu:20180707065146j:plain
7月5日、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれました。17名の方にお越し頂きました。ありがとうございました。

始めに、三笑亭可龍師匠に落語「片棒」を演じて頂きました。
落語「片棒」は、父親が3人の息子に、どんな葬式をするつもりなのかを聞く話です。長男と次男は賑やかなお葬式を提案し、三男はお金のかからない質素なものを計画します。

その後、私がお葬式の形についてお話ししました。お葬式の形は、さまざまです。賑やかなものもあれば、質素なものもあります。しかし、大事なのは「亡くなった人のために勤める」ということです。
私たちは、永遠に生きることはできません。そして、この世を離れると、浄土(仏様の世界)に生まれることになります。これが仏教の教えです。
お葬式を仏教式にするのは、「私もいつかはこの世を離れることになる。だから今の命を大切にしなければならない。そして、その世を離れたら仏様の世界に生まれる」という、仏教の教えを感じるためなのです。

On July 5, "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like the Buddhism through rakugo, a Japanese traditional comic storytelling was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. 17 guests came there. Thank you for coming

First, Mr. SANSHOUTEI Karyuu performed a rakugo "Katabou" (One side of a bar). It is a story that a father asked his three sons how they would hold a funeral of their father. The two of three proposed a flourishing funeral, the other one planned to do it with less cost.

Next, I talked about how we had held funeral ceremonies. We hold funerals in various ways. Some are flourishing, others are simple. Anyway, the most important thing in funerals is that we hold funerals for dead people.
We are not able to live forever. So, we must cherish our lives. We will be born in the Pure Land after death. These are teachings of the Buddhism. We usually hold funerals in the Buddhist style in Japan. The reason is that we can feel teachings of the Buddhism.

?

「おてらくごのススメ」明日開催です "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held tomorrow

tsukijihongwanji-lounge.jp
f:id:tadaosamu:20180603071530j:plain
明日7月5日(木)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。19時開演です。
まず三笑亭可龍師匠に落語「片棒」を演じて頂きます。そして私が「葬儀の形」についてお話しします。
皆様のお越しをお待ちしております。「要予約」とありますが、予約なしでもどうぞお越し下さい。

On July 5, "OTERAKUGO NO SUSUME" , an event to like Buddhism through rakugo will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. It will start at 7:00 p.m.
First, Mr. SANSHOTEI Karyuu will perform a rakugo "Katabou (one side of a bar)". Next, I will talk about how we have held funeral ceremonies.
We look forward to seeing you.

No problem without reservation!

?

哀悼の意を表します I offer my sincerest condolences

www.geikyo.com

桂歌丸師匠が亡くなりました。謹んで哀悼の意を表します。
歌丸師匠を初めて生で見たとき、師匠は「江島屋」を演じていました。「笑点」と違う一面に、強い印象を受けたことをおぼえています。

Mr. KATSURA Utamaru is gone. I offer my sincerest condolences.
When I saw his live performance, he performed "Ejimaya". I was impressed his performance different from one in "SHOTEN".


『東京かわら版』月号に「おてらくごのススメ」告知がのりました。 "OTERAKUGO NO SUSUME" in the July issue of "TOKYO KAWARABAN"

f:id:tadaosamu:20180626083149j:plain
f:id:tadaosamu:20180603071530j:plain
寄席情報の月刊誌『東京かわら版』7月号が届きました。145ページに7月5日(木)開催の、「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました

今回は三笑亭可龍師匠に落語「片棒」を演じて頂きます。そして私が「葬儀の形」についてお話しします。皆様のお越しをお待ち致しております。開演は19時です。

お問合せ・お申し込みお申込みは電話(0120-792-048)、E-mail (ginzasalom@tsukijihogwanji.jp)、または築地本願寺銀座サロンのサイトからお願いします。

On July 5, "OTERAKUGONO SUSUME" an event to like Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling) will be held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. Informations on it are appeared in the July issue of "TOKYO KAWARABAN", a monthly magazine on rakugo, etc.

First, Mr. SANSHOTEI Karyuu will perform a rakugo "Katabou (one side of a bar)". Next, I will talk about how we have held funeral ceremonies.

We look forward to seeing you. It will strat at 7:00 P.M.

You can make the reservations by telephone (0120-792-048), E-mail ( ginzasalom@tsukijihogwanji.jp ) or the web site of the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.

?

名付けには力があります Naming has ability to figure objects

f:id:tadaosamu:20180623114416j:plain
6月22日、落語と仏教の企画が、浜離宮朝日ホールで開かれました。
On June 22, an event of Rakugo and the Buddism was held at the Hamarikyu Asahi Hall.
f:id:tadaosamu:20180623114142j:plain
まず、柳家三三(やなぎやさんざ)師匠に落語「寿限無」と「万金丹」を演じて頂きました。「寿限無」は、両親が子供に長い長い名前を付ける話です。「万金丹」は、2人の旅人が思いがけなく僧侶になって、あわてて戒名を付ける話です。
First, Mr. YANAGIYA Sanza performed two rakugoes "Jugemu" and "Mankintan". A story of "Jugemu" is that parents name very long name to their son. "Mankintan" is a name of a medicine, a Rokugo "Mankintan" is a story that two travelers became the Buddhist priests unexpectedly and named the Buddhist name to a dead person in panic.
f:id:tadaosamu:20180623114130j:plain
落語の後、釈徹宗先生(相愛大学教授)と橋本順正氏(浄土真宗本願寺派総合研究所研究助手)の対談です。対談では、名前を付けることは対象を規定することであって、単なる記号ではないと話し合われました。

大変勉強になる企画でした。

After the rakugo, Dr. SHAKU Tesshu and Mr. HASHIMOTO Junshou talked about naming. They said: Naming has ability to figure objects. Names are not only marks.

I learned a lot through the event.

?

土用丑の日に食べるのはウナギでなくてもよいのです It is no problem that we eat something except eels on the day of Doyou Ushinohi

www.itmedia.co.jp
土用丑の日にウナギを食べる習慣があります。でも、ウナギの数は減り続けています。そこで、食品宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」は土用丑の日にウナギ以外のものを食べることを勧めています。持続可能性を配慮した取り組みが、広まって欲しいです。

調べてみると、土用丑の日には、ウナギでなくても「う」のつく食べ物がよいという話があるようです。

In Japan, we have a custom of eating eels on the day of Doyou Ushinohi (the midsummer day of the ox, it is named after one of the twelve animals of the Chinese zodiac).
But, the number of eels is decreasing. So, "Radisshuboya", a food delivery service recommends that we eat something except eels on the day.
I hope that considering sustainability spreads.