お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

お念仏を称えるのは何のため?

f:id:tadaosamu:20170916065228j:plainf:id:tadaosamu:20170916065241j:plain

9月13日、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれました。20名弱の方にお越し頂きました。ありがとうございます。

まず、三遊亭春馬師匠に落語「花筏(はないかだ)」を演じて頂きました。この落語では、相撲の最中のお念仏を称える場面があります。

落語の後で、私がお念仏についてお話ししました。自分の力ではうまくいかないとき、人は他人を頼ります。他人に任せたら、何もしなくていいのではありません。その人のはたらきに報いることが必要です。これが、お念仏を称える理由です。
阿弥陀さまは、私たちすべてを救います。お念仏を称えることは、阿弥陀さまに感謝することです。そして、阿弥陀さまに報いることです。だから、お念仏を称えることが大切なのです。

写真は、三遊亭春馬師匠です。

At September 13, "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like Buddhism through rakugo was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. Almost 20 people came the event. Thank you for coming.

First, Mr. SANYUTEI Haruba performed a rakugo "Hanaikada" ("Hanaikada" is a Sumo wrestler's name). At one scene of "Hanaikada", 2 Sumo wrestlers recite Nembutsu (calling Amitayus Buddha's name).

Next, I talked about Nembutsu. When you do not work well, you leave it to somebody's hands. After you leave it to somebody's hands, you should do reward their works. This is the reason why you recite Nembutsu.
Amitayus Buddha saves all beings. Reciting Nembutsu is expressing your gratitude to Amitayus Buddha. It is rewarding Amitayus Buddha. So, It is important to reciting Nembutsu.

These are photoes of Mr. SANYUTEI Haruba at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon.