読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

寺院や神社が身近にあった人は幸福度が高い

大竹文雄大阪大学教授の論文「寺院・地蔵・神社の社会・経済的帰結:ソーシャル・キャピタルを通じた所得・幸福度・健康への影響」によると、子供時代に寺院や神社が身近にあった人は、幸福度が高いとのことです。宗教の意義を示す、興味深い論文です。

Dr. Fumio Ohtake, a professor of the Osaka University states that who have spent close to Buddhist temples or Shinto shrines in their childhood have higher levels of happiness. It is an interesting thesis showing significance of religions.