読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第10回

唯識

2月21日(火)、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の第10回(全12回)の講義をしてきました。

大乗仏教は悟りを開いて仏になることを目標とします。大乗仏教ではほとんどの場合、だれもが仏になれると説きます。しかし唯識では、この説を採用しません。

仏の本質は、真実です。そして、大乗仏教が説く真実は、「すべてが空」です。この2つをつなげると、仏の本質は皆にあることになります。

しかし唯識思想では、すべては識が作り出したと理解するので、「空」のはたらきを認めません。仏になる能力が誰にでもあるという論拠がないのです。

ただし、これは差別の容認ではありません。俗世間の身分は、悟りを開く能力と無関係です。唯識思想が、差別の正当化に利用された形跡はありません。

I tried to write the following in English. If I used wrong English, please tell me.

At February 21, I lectured on the Consciousness-only doctrine of Buddhism at an extension lecture of Shukutoku University.

The objective of the Mahayana Buddhism is awakening to become buddhas. Almost sects of the Mahayana Buddhism preach that all beings are able to become buddhas. But, the Consciousness-only doctrine do not preach such a theory.

The essence of buddhas is the truth. It is the truth of the Mahayana Buddhism that everything is Sunya (emptiness). Thus, all beings contain the essence of buddhas.

However, the Consciousness-only doctrine does not admit influences of Sunya (emptiness) because it preaches that consciousness make everything. There are no bases that all beings have capacity to become buddhas.

But, it is not approval of discrimination. Rank in the civil world are not related with capacity to awaken. There is no sign that the Consciousness-only doctrine have been utilized for justifying discrimination.