お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

批判されたくない We are afraid of blame

mainichi.jp
president.jp
この記事は、ある教師が授業でトロッコ問題を取り上げ、生徒の保護者から批判されたと伝えています。私としては、この問題を自分ならどうするか、批判する前に考えて欲しかったです。
人生には、「どれを選んでも批判される」選択を迫られる時があります。レバーの近くでトロッコを見つけた時点で、「無関係な人」ではなくなっています。
「どれを選んでも批判される」選択について考えることは大切なはずです。私なら、レバーを切り替えます。しかし、切り替えない人を批判しません。私たちは、批判されずにいたいのです。

This article reports that teachers were criticized by the parents of the students because the teachers picked up "The trolley problem" in the classes. I wish they had thought on the problem before criticizing.
We can encounter situations that we are to be blamed whichever we choose. We have to be responsible for the matter when we see the trolley next to the lever.
I think it is important to consider problems that we are to be blamed whichever we choose.
If I were so, I would pull the lever. However, I won't criticize those who do not pull the lever. We are afraid of blame.

?