お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

自分をより良くすることは、他人に勝つことよりすぐれています Improving ourselves is better than defeating others

f:id:tadaosamu:20181201142747j:image

11月29日、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれました。23名の方にお越し頂きました。ありがとうございました。古今亭志ん吉さんにも御礼申し上げます。

まず、古今亭志ん吉さんに落語「転失気(てんしき)」を演じて頂きました。ストーリーは、こうなっています。
和尚さんが医者に診察してもらった時、本当は転失気を知らないのに、知っているふりをしました。小僧さんは、医者から転失気が何か聞いたのですが、和尚さんにはわざと違うことを教えたので、和尚さんは恥をかくことになりました。
落語の後に、私は、自分と他人を比較することについて話しました。私たちは、かっこつけることをしがちです。そして、他人の失敗を喜びます。なぜなら、私たちは他人に勝りたいと思うからです。仏教は、自分自身をより良くすることは、他人に勝つことよりすぐれていると教えます。私たちはかっこつけたくなりますし、他人の足を引っ張ることをします。でもそれは、自分の品格を下げることになりかねません。

On November 29, "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like the Buddhism through rakugo (Japanese traditional comic storytelling) was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. 23 guests came there. Thank you for coming. I appreciate Mr. KOKONTEI Shinkichi.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi performed a rakugo “Tenshiki”. A story of “Tenshiki” is following;
When an elder Buddhist priest was examined by a doctor, he pretend to know “tenshiki” though actually he did not. Then, a boy Buddhist priest asked the doctor what is “tenshiki”. But, the boy priest told the elder priest incorrect intendedly. So, the elder priest was put to shame.

Next, I talked about comparing ourself and others. We are tend to decorate ourselves. And, we are pleased with others' failure. Because we like to be superior to others. Buddhism teachs us that improving ourselves is better than defeating others. We often decorate ourselves, and sometimes disturb others. These might lower our dignity.