お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

おてらくごのススメ in 東久留米 "OTERAKUGO NO SUSUME" in Higashikurume

11月4日(日)、東久留米会館(東京都東久留米市)で、「おてらくごのススメ」が開かれます。落語を通して仏教を知る講座です。そのお知らせが、築地本願寺発行の月刊誌『築地本願寺新報』10月号に掲載されました。
f:id:tadaosamu:20181002091313j:plainf:id:tadaosamu:20181002091319j:plainf:id:tadaosamu:20181002091324j:plain

「おてらくごのススメ」では、まず立川談慶師匠が落語「金明竹」と「井戸の茶碗」を演じて下さいます。その後、私が落語と仏教の関係についてお話しします。
皆さまのお越しをお待ちしております。

On November 4, "OTERAKUGO NO SUSUME" will be held at the Higashikurume Kaikan, Higashikurume city, Tokyo. "OTERAKUGO NO SUSUME" is an event to like Buddhism through rakugo.
The event is informed in the October issue of "Tsukiji Hongwanji Shinpo", a monthly magazine published by the Tsukiji Hongwanji.
At the event, first, Mr. TATEKAWA Dankei will perform rakugo "Kimmeichiku" and "Ido No Chawan". Next, I will talk about relationship between rakugo and Buddhism.
We are looking forward to seeing you.