お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

戦争は悲しむべきもの We should regret wars

8月15日は終戦記念日です。そのため、今月は戦争に関する話題が多くなります。その中で、気になることがあります。「防衛力整備を主張する人は戦争の悲惨さを知らない」ような意見がよく見られることです。
世界には、戦禍に遭った人が数多くいます。しかし、戦争の悲惨さを知ることが、必ずしも軍備に否定的になるとは限りません。
戦争の悲惨さを知ることが非武装の思想になりやすいのは、日本でよく見られる傾向のようです。
ちなみに私は、非武装には賛成しませんが、武力行使には極力抑制的でなければならないと考えます。戦争は悲しむべきものです。
物事には多様な見方があります。戦争についても例外ではありません。

August 15 is the anniversary of the end of World War II. So, this month we often talk on wars in Japan.
There is one thing that bothers me. I sometimes see opinions that those who approve defense build up don't know misery of wars.
In the world, quite a few people underwent the disasters of wars. But, recognizing misery of wars do not always come to oppose military preparedness.
In Japan, recognizing the disasters of wars tends to come to be claiming unarmament.
By the way, I do not agree to unarmament, but I think that it should be restrained to use force as much as possible. We should regret wars.
There is a variety of views. Opinions on wars are not exception.