お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

自分の夢も思い通りにならない

f:id:tadaosamu:20170918065233j:plain

昨夜(11月8日)、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれました。お越し頂き、ありがとうございます。

まず、古今亭志ん吉さんに落語「天狗裁き」を演じて頂きました。いろいろな人がある男に「どんな夢を見たのか」と聞いてくる話です。

その後、私が「夢と現実」について話しました。仏教では、夢はたいてい心や体からのメッセージで、未来を予知する夢もあると説かれます。つまり、心や体が夢の元になっているのです。夢の中の出来事は現実ではありません。でも、心や体は現実です。だから、夢と現実は無関係ではないのです。

私たちは、悪夢にうなされることがあります。これは、私たちが心や体によくないものを抱えているからです。そして、自分の心や体を自分の思い通りにできるとは限らないということでもあります。ましてや、他人を思い通りにできるはずがありません。

Yesterday (November 8), "OTERAKUGO NO SUSUME", an event to like Buddhism through rakugo was held at the Tsukiji Hongwanji Ginza Salon. Thank you for coming.

First, Mr. KOKONTEI Shinkichi performed a rakugo "Tengu Sabaki". The story is that various people asked a man "what kind of dream did you see?"

Next, I talked about dreams and realities. Buddhism preaches us that almost dreams are messages from minds and bodies, a few dreams foretell future. Thus, almost dreams base on minds and bodies. Dreams are not realities. But, minds and bodies are realities. Therefore, dreams relate with realities.

We sometimes have nightmares. It means that we contain bad things in our minds and bodies. And, it is not always that we can make our own minds and bodies our way we want. All the more, we can not make others as we want.