お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

即興劇とカウンセリング

f:id:tadaosamu:20170830204647j:plain

8月26日(土)、日本臨床心理カウンセリング協会(JACC)のセミナーに行ってきました。私はJACCのカウンセラーの資格を持っています。

今回は、即興演劇をカウンセリングに応用することです。

劇をスムーズに進めるためには、アイコンタクトが欠かせません。これは劇だけでなく、カウンセリングや日常でも同じです。

そして、即興劇の一つに「チャンスゲーム」があります。

えらい人(殿様、社長など)に「大変です!」と事件を報告します。そしてえらい人は「それはちょうどいい!」と言って、ポジティブに返します。それを聞いた部下は、「さすが!」と言って拍手します。

例:家来「大変です!米がすべて枯れてしまいました」
  殿様「それはちょうどいい!パン食にしようと思っていたところだ」
  家来「さすが殿!」(拍手)

これは、物事をポジティブに捉える訓練になります。

I went to a seminar of the Japan Association of Clinical Counseling (JACC) at August 26. I have a license as a counselor of the JACC.

A theme of the seminar is applying improvisational theatres to counseling.

Eye contacts are necessary to push forward dramas smoothly. The eye contacts are important in not only dramas but also counseling, daily lives.

A kind of improvisational theatres is a chance game. It is following:

A person reports an accident to his/her superior (for example, a lord, a president, etc.). The superior replies in a positive way. The subordinates say "That's great!", and clap their hands.

Example:
Vassal "Oh no! Rice are all dead!"
Lord "It's good! I've wanted to change staple foods from rice to breads"
Vassal "That's great!" (The vassals clap their hands)

This is a training of thinking in a positive way.