読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第12回

3月14日(火)、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の講義をしてきました。池袋にある淑徳大学のサテライトキャンパスは、今月で閉鎖されます。そのため、私の講座は今回で最終回でした。

仏教の目的は、真実に目覚めることです。真実に目覚めることで、真実と一体化します。大乗仏教ではこれを「仏になる」と表現します。すなわち、仏の本質は真実なのです。

仏になるためには、計り知れない時間を要します。しかし、努力を続けることで、徐々に目的に近づきます。成果がわからないことと、成果がないことは違うのです。

At March 14, I lectured on the Consciousness-only doctrine of Buddhism at an extension lecture of Shukutoku University. The Shukutoku university satellite campus at Ikebukuro is closing in this month. So, my lecture in the campus was the final at that day.

The purpose of the Buddhism is awakening to the truth. When you awaken to the truth, you unify with the truth. The Mahayana Buddhism call it becoming buddhas. Thus, the nature of buddhas is the truth.

It requires immeasurable time to become buddhas. You are able to approach purposes gradually with continuing your efforts. It is different that the successes are not understood and there are no successes.

ext.shukutoku.ac.jp