読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第11回

唯識

3月7日、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の第11回(全12回)の講義をしてきました。

仏教の目的は、悟りを開くことです。そのための方法が、修行です。ただし、ただちに悟りを開けるわけではありません。唯識思想では、5つの段階があると説いています。何ごとも、成し遂げるには段階があるのです。

I tried to write the following in English. If I used wrong English, please tell me.

At March 7, I lectured on the Consciousness-only doctrine of Buddhism at an extension lecture of Shukutoku University.

The purpose of Buddhism is awakening. Ascetic practices are the means to awaken. However, we can not awaken immediately. The Consciousness-only doctrine preaches that there are 5 stages to become buddhas. It is necessary following the steps to accomplish anything.

ext.shukutoku.ac.jp