読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第9回

唯識

2月7日(火)、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の第9回(全12回)の講義をしてきました。

ext.shukutoku.ac.jp

大乗仏教の基本的な教えの一つに「空」があります。「空」は存在の否定と思われることがあります。しかし、「空」は存在の否定ではありません。永久不変なもの何一つはない、だから今の姿は一時的なものです。これが「空」です。「空」である存在を私たちが認識するのは、識のはたらきによるのです。

I tried to write the following in English. If I used wrong English, please tell me.

February 7, I lectured on the Consciousness-only doctrine of Buddhism at an extension lecture of Shukutoku University.
Sunya (emptiness) is one of important doctrines of Mahayana Buddhism. Sunya is often understood as a denial of existence. But, Sunya is not a denial of existence. Nothing is not unchanging and everlasting. Thus, figures at the moment are provisional. This is Sunya. We recognize existence of Sunya because of processes of consciousness.