お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

落語「花筏」からお念仏について考えよう

9月13日(水)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。今回は三遊亭春馬師匠に落語「花筏(はないかだ)」を演じて頂きます。そして私が「お念仏を称えるのはどんな時?」と題して、お念仏についてお話しします。 皆様のお越しをお待ちし…

落語「野ざらし」で供養を考えよう

7月5日(水)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。今回は三笑亭可龍師匠に落語「野ざらし」を演じて頂きます。そして私が「人はなぜ供養をするのか?」と題して、供養についてお話しします。 皆様のお越しをお待ちしております。こち…

落語の中の浄土真宗「お坊さんって何だろう」

6月2日、「落語の中の浄土真宗」第6回が浜離宮朝日ホールで開かれました。多くの方にお越し頂きました。ありがとうございます。ご協力頂いた皆さまに感謝申し上げます。私はスタッフの一員として、司会を務めました。まず、桂雀々師匠に落語「鶴満寺」「八五…

落語「野ざらし」で供養について考えよう

7月5日、落語を通して仏教に親しんで頂く企画「おてらくごのススメ」が築地本願寺銀座サロンで開催されます。今回は三笑亭可龍師匠に落語「野ざらし」を演じて頂きます。そして私が「供養」についてお話しします。皆様のお越しをお待ちしております。お問合…

人は思いがけなく良いことをする場合があります

5月23日(火)、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれました。お越し頂き、ありがとうございます。今回は古今亭志ん吉さんに落語「夏泥」を演じて頂きました。この落語では、泥棒がある家に入ったのですが、そ…

寺院や神社が身近にあった人は幸福度が高い

大竹文雄・大阪大学教授の論文「寺院・地蔵・神社の社会・経済的帰結:ソーシャル・キャピタルを通じた所得・幸福度・健康への影響」によると、子供時代に寺院や神社が身近にあった人は、幸福度が高いとのことです。宗教の意義を示す、興味深い論文です。Dr.…

放置禁止とお坊さん

三田(東京都港区)で見かけた、「バイク・自転車放置禁止」の看板です。お坊さんのイラストがあるのはなぜだろう?This is a board "Do not abandon motorcycles and bicycles" at Mita, Minato city, Tokyo. Why is a Buddhist priest illustrated on it?par…

「カラス侵入禁止」でカラスが来ない

朝日新聞によると、岩手県大槌町(おおつちちょう)にある東京大学の研究施設で、「カラス侵入禁止」と書いた紙をつるしたら、カラスが来なくなったそうです。おまじないにも効果があると言うことでしょうか?人類は古くからおまじないをしてきました。Accordi…

研修会の講師をしてきました

4月27日(木)、静岡東組の総代研修会のため、寳專寺様(静岡県伊東市)に伺い、「総代の役務」のテーマでお話しさせて頂きました。このようなご縁を頂き、有難く思います。子供達は毎日学校に通います。でも、学力をつけるためには、家庭学習の習慣が必要です。…

住職不在のお寺

寺院の統廃合は避けられないのでしょうか。Is it inevitable to consolidate Buddhist temples?headlines.yahoo.co.jpparts(1547672,"FFFFFF","200","001eff",600000,"55","1188","outrank","http://tadaosamu.hatenablog.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

人間は良くて悪い~おてらくごのススメ~

寄席情報の月刊誌『東京かわら版』5月号が届きました。102ページに5月23日開催の、「おてらくごのススメ」の情報が掲載されました。 古今亭志ん吉さんに「夏泥」を演じて頂きます。そして私が「人間って良いの?悪いの?」と題して、人間の善悪についてお話…

お仏壇は何のため?

「仏壇は故人を祀るためのもの」というのが、一般的な認識のようです。本来は、日常的に仏様にお参りするためのものです。It is tend to think that Buddhist altars are for worshipping the ancestors. Essentially, Buddhist altars are for daily worshi…

「仏教書レビュー」ホームページ更新

仏教書レビューHPが更新されております。 これで400冊の書評・紹介を掲載することとなります。 皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。[本の紹介] ・ケネス・タナカ著『アメリカ流マインドを変える仏教入門』(春秋社)We have r…

教育勅語は難しい

森友学園の問題が話題になっています。教育勅語が教材であることを批判する人もいれば、容認する人もいます。私は、教育勅語を園児に唱和させるのは反対です。理由は、園児にとって言葉が難しすぎるからです。お寺の幼稚園では、仏教の教えを平易な言葉で表…

NHK Eテレ・こころの時代「唯識に生きる」

NHK Eテレ「こころの時代」で、今年4月から9月まで、「唯識に生きる」が放送されます。講師は横山紘一先生(立教大学名誉教授)です。 www4.nhk.or.jpにほんブログ村にほんブログ村

落語でつかむ話し方の極意

NHK Eテレで「まる得マガジン 落語でつかむ話し方の極意」が放送されます。落語を知ると、人生に役立ちます。www2.nhk.or.jpwww4.nhk.or.jpにほんブログ村にほんブログ村

聖徳太子?厩戸王?(2)

学校教育で「聖徳太子」の呼称が存続することになりました。この結論に賛成です。tadaosamu.hatenablog.comwww.sankei.com「聖徳太子はいなかった」が意味するのは、「厩戸皇子(厩戸王)に、目立つ業績はない。つまり、偉大な人物ではない。」ということです…

属人思考とは?

森友学園の問題に対する、和田秀樹氏の見解には賛否あるでしょう。それはさておき、「我が身を振り返ることが必要だ」と思った一節があります。 社会心理学の考え方に「属人思考」というものがある。自分が尊敬する 人の言うことや信頼している人の言うこと…

善意だけど

お供えする人は善意なんですけど、それが不健康の原因なんですね。Beneficial donations make Buddhist priests unhealthy in Thailand. www.nishinippon.co.jpにほんブログ村

落語「夏泥」で見る、人の善悪

5月23日(火)、築地本願寺銀座サロンで「おてらくごのススメ」が開かれます。今回は古今亭志ん吉さんに落語「夏泥」を演じて頂きます。そして私が「人間って良いの?悪いの?」と題して、人間の善悪についてお話しします。「夏泥」は仏教と直接関係ありません…

39年前の伝統奉告法要のご消息

現在、西本願寺では伝統奉告法要が勤められています。浄土真宗の教え(法灯)が、第25代となる専如ご門主に伝えられたこと記念する法要です。 この写真は、1978(昭和53)年1月16日に発表された、前の伝統奉告法要についてのご消息です。第23代勝如上人から第24…

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第12回

3月14日(火)、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の講義をしてきました。池袋にある淑徳大学のサテライトキャンパスは、今月で閉鎖されます。そのため、私の講座は今回で最終回でした。仏教の目的は、真実に目覚めることです…

原子力発電に対する西本願寺の見解(39年前)

『本願寺新報』1978(昭和53)年1月1日号を見てみたら、こんな記事がありました。39年前、西本願寺は原子力発電に疑念を呈していたのです。According to the January 1, 1978 issue of "The Hongwanji Journal", Nishi Hongwanji suspected nuclear electric p…

一番じゃなきゃダメなんですか?

3月8日(水)、落語を通して仏教に親しむ企画「おてらくごのススメ」が、築地本願寺銀座サロンで開かれました。前回より多くの方にお越し頂きました。ありがとうございます。今回は三遊亭春馬師匠に落語「寿限無」を演じて頂きました。「寿限無」は「寿命に限…

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第11回

3月7日、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の第11回(全12回)の講義をしてきました。仏教の目的は、悟りを開くことです。そのための方法が、修行です。ただし、ただちに悟りを開けるわけではありません。唯識思想では、5つの…

東日本大震災からもうすぐ6年

東日本大震災からもうすぐ6年。津波で大きな被害があったことを、忘れないようにしたいものです。写真は、数寄屋橋のソニービルです。It will be soon 6 years after the Great East Japan earthquake occurred. At that time, the tsunami occurred the lar…

明後日、「おてらくごのススメ」開催です

明後日(3月8日)、「おてらくごのススメ」が築地本願寺銀座サロンで開かれます。今回は、三遊亭春馬師匠に落語「寿限無」ともう一席を演じて頂き、その後に私が人間の欲についてお話しします。皆様のお越しをお待ちしております。お申し込みはこちらでござい…

聖徳太子?厩戸王?

有名人の伝記は粉飾されやすく、実像が謎になることがよくあります。とくに古代史は同時代史料が乏しいので、顕著です。これは聖徳太子に限りません。確かに、「聖徳太子」という呼び名は、聖徳太子が亡くなって100年以上後のものです。でも、聖徳太子と「厩…

淑徳大学公開講座「すべては心の表れ-『唯識三十頌』を読む(2)-」第10回

2月21日(火)、淑徳大学公開講座「すべては心の表れ~『唯識三十頌』を読む(2)~」の第10回(全12回)の講義をしてきました。大乗仏教は悟りを開いて仏になることを目標とします。大乗仏教ではほとんどの場合、だれもが仏になれると説きます。しかし唯識では、…

「仏教書レビュー」ホームページ更新

仏教書レビューHP仏教書レビュー | 浄土真宗本願寺派総合研究所 が更新されました。これで397冊の書評・紹介を 掲載することとなります。 皆様のご協力に感謝申し上げます。今回の新規の掲載は以下の通りです。・釈徹宗著『随縁つらつら対談』(本願寺出版社)…