お坊さんと落語のブログ

お坊さん(浄土真宗)です。落語も好きで、歴史にも興味あります。

仏教いろいろ

仏教僧と戦争についての論文です

私の新しい論文が発行されました。仏教僧が戦争にどう関わったかを、『高僧伝』(中国の高僧の伝記集)をもとに調べました。 山喜房佛書林で出版されています。My new thesis has been published. I researched how did Buddhist priests concern with wars th…

エンディング産業展2017(ENDEX2017)

東京ビッグサイトで開かれているエンディング産業展2017(ENDEX2017)に、浄土真宗本願寺派総合研究所のスタッフとして参加しました。さまざまな、斬新な葬送のスタイルが展示されていました。 浄土真宗総合研究所はアンケートを行い、僧侶や寺院に対する意見…

「いただきます」「ごちそうさま」は何のため?

武蔵野大学の学生食堂で、見かけました。これは、食事のあいさつの意義を示しています。 食べることは自分を維持することであり、生き物の命を奪うことでもあります。私たちはみな迷惑をかけているということです。だから、私たちは命に感謝するべきなのです…

人生の岐路で本領を発揮するもの

withnews.jp 大阪大学文学部長で、大学院文学研究科長も務める金水敏氏は「文学部の学問が本領を発揮するのは、人生の岐路に立ったときではないか」と語ります。人生の岐路で本領を発揮するのは、宗教も同じです。宗教を学んだり、何かを信仰することの利益…

「宗教離れ」は日本だけではありません

江田智昭氏のレポートによりますと、「宗教離れ」は日本だけではなく、ドイツも同じようです。Mr. EDA Tomoaki reports that people tend to avoid religions not only in Japan but also in Germany.higan.net parts(1547672,"FFFFFF","200","001eff",60000…

寺院や神社が身近にあった人は幸福度が高い

大竹文雄・大阪大学教授の論文「寺院・地蔵・神社の社会・経済的帰結:ソーシャル・キャピタルを通じた所得・幸福度・健康への影響」によると、子供時代に寺院や神社が身近にあった人は、幸福度が高いとのことです。宗教の意義を示す、興味深い論文です。Dr.…

放置禁止とお坊さん

三田(東京都港区)で見かけた、「バイク・自転車放置禁止」の看板です。お坊さんのイラストがあるのはなぜだろう?This is a board "Do not abandon motorcycles and bicycles" at Mita, Minato city, Tokyo. Why is a Buddhist priest illustrated on it?par…

研修会の講師をしてきました

4月27日(木)、静岡東組の総代研修会のため、寳專寺様(静岡県伊東市)に伺い、「総代の役務」のテーマでお話しさせて頂きました。このようなご縁を頂き、有難く思います。子供達は毎日学校に通います。でも、学力をつけるためには、家庭学習の習慣が必要です。…

住職不在のお寺

寺院の統廃合は避けられないのでしょうか。Is it inevitable to consolidate Buddhist temples?headlines.yahoo.co.jpparts(1547672,"FFFFFF","200","001eff",600000,"55","1188","outrank","http://tadaosamu.hatenablog.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");

お仏壇は何のため?

「仏壇は故人を祀るためのもの」というのが、一般的な認識のようです。本来は、日常的に仏様にお参りするためのものです。It is tend to think that Buddhist altars are for worshipping the ancestors. Essentially, Buddhist altars are for daily worshi…

善意だけど

お供えする人は善意なんですけど、それが不健康の原因なんですね。Beneficial donations make Buddhist priests unhealthy in Thailand. www.nishinippon.co.jpにほんブログ村

39年前の伝統奉告法要のご消息

現在、西本願寺では伝統奉告法要が勤められています。浄土真宗の教え(法灯)が、第25代となる専如ご門主に伝えられたこと記念する法要です。 この写真は、1978(昭和53)年1月16日に発表された、前の伝統奉告法要についてのご消息です。第23代勝如上人から第24…

原子力発電に対する西本願寺の見解(39年前)

『本願寺新報』1978(昭和53)年1月1日号を見てみたら、こんな記事がありました。39年前、西本願寺は原子力発電に疑念を呈していたのです。According to the January 1, 1978 issue of "The Hongwanji Journal", Nishi Hongwanji suspected nuclear electric p…

世界宗教者平和会議(WCRP)のニュース

以前に書いたことと関連しますが、世界宗教者平和会議(WCRP)での明石康・元国連事務次長の発言がニュースになってます。www.sankei.com

世界宗教者平和会議(WCRP)「新春学習会」に行ってきました。

1月25日、世界宗教者平和会議日本委員会(WCRP Japan)の「新春学習会」に行ってきました。私はWCRPのメンバーではありませんが、浄土真宗本願寺派総合研究所研究員としての出張です。大地震が発生すると、宗教施設は避難所になることがあります。被災地で生活…

お葬式をするのは誰のため?

こんな記事を見つけましした。「自分の葬儀は拒否」「夫(妻)や親の葬儀はしたい」 複雑な感情がくっきり 葬儀に関する意識調査 | ソナエ 安心のお墓探し 「自分の葬儀はしなくていいけれど、配偶者や親の葬儀はしたい」。お葬式とは「亡くなった人のために…